現役戦略コンサルタントが語るブログ

コンサルがすなるブログといふもの

男もすなるブログといふものを外資コンサルもしてみん

MENU

戦略コンサルでクビにならないために心掛けた10のこと

多くの戦略コンサルファームの共通点に、数年以内に昇進できないとクビになる、というものがあります。リアルに「You are Fire」と面と向かって言われることは稀かもしれませんが、評価の悪い人はプロジェクトアサインのお声がかからなくなる、といったことはよくある光景です。

新卒で入社したとき、せめて最初の昇進のハードルは超えたい、クビにはなりたくないと思っていました。新たにコンサルファームに入られる方もそこを最初のマイルストンにおいていることが多いのではないでしょうか。

今回は、私が入社以来、上司に怒られ怒られ蓄積された、これだけは心がけておくべき10のこと、を自身への反省を兼ねてまとめましたので参考にしていただければ幸いです。

この本も参考になります。

コンサル一年目が学ぶこと

コンサル一年目が学ぶこと

 

 

今回の記事の目次はこちら。

  1. 会議は録音して聞き込め
  2. クライアントのぼそっとした一言を聞き逃すな
  3. MTG中に何を発言するか考えているのは遅い
  4. MTG後、すぐにラップアップしよう
  5. ストーリーのサマリを書こう
  6. 要望には一回、従順に従おう
  7. 言われてから追加するのではなく、言われる前に必要か相談しよう
  8. 三十秒レビューをもらおう
  9. 指摘はその場で可能な限り直す。PPTなら指摘を該当ページにメモしろ
  10. 「面白い」の目線を経営者と合わせよう

1. 会議は録音して聞き込め

入社して最初に感じたハードル、それは

「議論展開が早すぎて何言ってんのかついていけない」

特に自分がアサインされるタイミングでプロジェクト開始から既に半年ほど経っている、なんてケースでは今までの背景知識あっての議論のため、ますますついていけません。謎の社内用語や謎の「3月に山田さんがつくったあの資料」など。

そんな状況でのキャッチアップにおいて一番効率的なのは今のMTGを徹底的に聞きこむではないかと思っています。MTGの中でわからなかった単語、議論、関係者の名前などをとにかく洗い出し、周りに聞いたり過去資料を読みこむ。

そのためにも入社初期、プロジェクトアサイン初期はMTGを録音して聞きこむことが有効だと思っています。段々と議論のスピードにも慣れてくるので。

iPhoneの録音がおすすめです。

2.クライアントのぼそっとした一言を聞き逃すな

クライアントとのMTG中、ぼそっとクライアントが漏らす一言があります。

「有望業界はXXか。うちってXX業界のお客さん多かったかなあ」、みたいなイメージです。こういう一言、結構大事でしてその一言に寄り添うことができればクライアントからの信頼感が増します。

「前回のMTGでは、市場規模と成長率から有望業界を絞りました。今回は御社と接点のある企業数という軸も加えて分析してみましたが、XX業界は御社と接点のある顧客も多く、その意味でも有望と言えます」というひと手間が刺さったりします。

頭の良さだけでなくこういった寄り添い力も大事です。特にコンサル、なんて情が薄そうなイメージのある我々だからこそより大事にすべきことかもしれません。

3.MTG中に何を発言するか考えているのは遅い

コンサルになると「会議中に発言しないなら、お前は無価値だ」と散々教育されるでしょう。しかし会議中にぽんぽんと鋭い質問を思いついて発言していくなんて、天才の技です。ホリエモンとかその才能があります。

私のような凡人は、MTG中に天賦の才が開花することを期待するのではなく、あらかじめMTG中に論点になりそうなこと、その落としどころ、そこにもっていくために納得させないといけないポイント、想定される質問と答え、あたりを考えておきます。

自分が仕切るMTGを小さな討議でもいいのでこなすようになると、これらをかなり本気で考えるようになります。そうなるとMTG中にどんどん発言するようになります。

MTG中に発言できないのは、MTG中の問題ではなく、MTG前の問題です。

4. MTG後、すぐにラップアップしよう

どんなに会議を聞き込んだつもりでも会議の後にマネージャーと話していると「え、クライアントそんなこと言ってました?」や「あれ、それってそんな意味でしたか」という認識の齟齬が生じがちです。

MTGが終わった後、10分でもいいのでチームでMTGの振り返りの打ち合わせをしましょう。今回解消できた論点はどこで、解消できなかった論点、新しく出てきた論点は何か。最低限、ここまでは合意しておきたいところです。

ここがずれていると、MTG後の作業が無駄になるリスクが高まります。MTG直後にやってしまうのが楽で合理的なのでお薦めです。

5. ストーリーのサマリを書こう

ラップアップで、今回解消できた論点と残論点を握れたとしましょう。次は、残論点に対してどのような方針でいくのかを考える必要があります。

残論点、それを解くために答えるべきサブ論点、サブ論点に対する答えの仮説、その仮説の正しさを示すために必要なファクト、そのファクトをどう集めるか。これらを設計して役割を振るのがマネージャーなわけですが、アソシエイトやアナリストがやろうとして怒られることはありません。

MTG直後は、若手スタッフ的には比較的時間にゆとりがある場合が多いです。
「サマリ書いてみるので夕方のMTGでそれを叩きに方針討議させてください。」
この発言が出てくるならイケてる若手感が半端ありません。

私ももっとサマリ書き、頑張ります。

6.要望には一回従順に従おう

クライアントMTGや社内のMTGを経ると、あれを調べてほしい、このコンテンツがほしい、といったリクエストが出てきます。いや、それを調べても無駄なんじゃないか、もっとこっちを調べたほうがいいんじゃないか、と感じることもあるかもしれません。

特にクライアントからのリクエストの場合ですが、私のわずかな経験からはそのリクエストに答えてもあんまり意味ない・・と思っても一度従順に応えたほうがよいと結論が出ています。

以前、パートナーが「コーヒーが飲みてえと言ってるやつに、絶対紅茶の方が美味しいので紅茶持ってきました、て言っても怒られるだけなんだよ。一度まずくてもとにかくコーヒーをつくって飲ませる、そのあとに紅茶のが美味しいと思うんですが、ってもっていかないと人は納得しない」と言っており、これは本当にその通りだと思います。

まずいコーヒーつくるのが美味しい紅茶を飲ませる最初の工程です。

7.言われてから追加するのではなく、言われる前に必要か相談しよう

A社の事例に加えて、B社の事例も入れておいた方がいいような気がするけれど、リサーチ時間かかりそうだし、出来ればやらずにこっちのパートに時間を割きたい・・。いったんB社は入れずにレビューいくか。

このようなケース、しばしばあると思うのですが、こういうときは「B社の事例も入れてよ」と上司から言われるより、「B社もできれば入れたいんですが、こちらのパートにリソースを割きたいと思っていて、優先順位相談させてください」と先手を打った方が絶対にいい流れになります。「B社も入れてよ」と言われるとそのあと、「できれば入れたいんですが、こっちのパートに・・」などと言っても言い訳がましくなります。

とにかく先手・先手で議論において劣位になるのを避けることが重要です。

8.三十秒レビューをもらおう

 マネージャーから指示をもらって動く場合、数時間後か半日後か、どこかのタイミングでレビューをもらうことが多いかと思います。そのレビューできちんとマネージャーの期待値を超えるものを出せれば、どんどん評価が上がっていきます。

以前中途で入ってこられた先輩にレビューまでとにかく一生懸命仕事をするも、レビューではマネージャーに「ちょっと違う」、「想定とずれている」と言われがちな人がいました。その人は、レビューまでマネージャーとの会話はほぼなく、本番1本勝負でした。

半日後にレビューポイントがあるからと言って、それまで相談していけないと決まったわけではありません。30秒でいいんです。何かのついでに「ここなんですが、こんな感じで資料作ろうと思ってるんですけど、認識合ってますかね」とちょいちょいマネージャーの30秒レビューを混ぜることで大滑りをなくせます。

半日後のレビューで、どちらがいいアウトプットを出せているか。成果主義とはプロセスではなく、成果で評価されます。マネージャーに頼らずにできたから偉いね、とはなりません。徹底的にうまく上司をつかいましょう。

9.指摘はその場で可能な限り直す。PPTなら指摘を該当ページにメモしろ

レビューでは、ここをこうしてほしい、ああしてほしいと次々と指摘が入ります。チマチマとノートにメモを取っていっては追い付きません。

PPTに対するレビューであれば、ちょっとした指摘ならその場で直すのが吉です。時間のかかる修正は、指摘を受けたスライドに目立つ色で直接メモをとりましょう。

あそこの文言変えといてって言ったのに変わってないじゃん。

こういう大したことないような修正でも指摘したことが直っていないというのは、めちゃくちゃ噛みつかれます。特にクライアントにやたら面倒くさいお客さんがいた場合(コンサル嫌いのお局さんみたいな人が一番やっかいです)、鬼の首をとったかのように嬉々として指摘を始めます。

そんな本質的でないことで評価を下げないためにも、修正漏れがないようにスライド自体にどでかく、黄色塗りつぶしに赤字とかでメモを取るのが大事です。

10.「面白い」の目線を経営者と合わせよう

「この会社面白いんですよ」「へー、どこが面白いの」「顔認証でこんなことやあんなことまでやってるんですよ」「んー、50点」

昔こんな会話を仲の良い上司とした記憶があります。経営者は、「その会社はどうやって儲けているのか」の1点に面白みを感じます。すごい技術をつかっていることに面白みを感じるのではなく、それをどうつかって金を稼ぎ出しているのかに面白みを感じます。似て非なるものです。

新規事業、コストカット、社員の育成などなど、経営者はどこにその目を向けているのか、その中でどんな話が面白いと思ってもらえるのか。「面白い」のレベルを経営者に合わせることが戦略コンサルとして必要不可欠なことでしょう。

普段から経営者は何に関心を持っているのか、日経ビジネスや中期経営計画でもいいのでアンテナを張っておくことが大事かと思います。

 

以上、10の心掛けをコンサルで働かれる方に向けて語ってみました。コンサルでの仕事を想定して書きましたが、コンサルを初め、世の中の多くのビジネスパーソンにとって参考になるところが少しでもあれば幸いです。

戦略コンサルが薦める読んでよかった本

戦略コンサルは普段どんな本を読んでいるのか?私の本棚からお薦めできる本をピックアップしてご紹介します。

コンサル本は、いろんな方がまとめてくださっていますので、”教養をつける”といった側面を意識したチョイスになっています。偉そうなことは言えませんが、個人的に読んで世界が広がったなという本をピックしているので興味あるものがあれば手にとって頂ければ。

これからも継ぎ足し継ぎ足し、秘伝のたれのごとく更新して増えていく予定です。

 

コンサルスキルと知識を深める本 

ライト、ついてますか―問題発見の人間学

コンサルファームに入ると読め読めと言われる、やたらと読みにくい翻訳のこの本。最初に読んだときは、ウィットに富んだ抽象論という印象があったのですが、実務経験を数年余り積んでからこの本を読みなおすと、非常に刺さる言葉がいくつも出てきます。

問題を解いた先には、問いに紐づいた新たな問題がある。

誰に解かせるかが重要であることもある。彼らの問題ではなく、彼ら一人ずつの問題に変えることで解決する問題もある。

「あーーーー、それよそれ。わかりみが深い。なるほどなあ」と共感を持ってしみじみとこの本を読めたとき、あなたはコンサルになりつつある!?

ライト、ついてますか―問題発見の人間学

ライト、ついてますか―問題発見の人間学

  • 作者: ドナルド・C・ゴース,G.M.ワインバーグ,木村泉
  • 出版社/メーカー: 共立出版
  • 発売日: 1987/10/25
  • メディア: 単行本
 

 

イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」

社会人なら誰しもが読め読めといわれるこの本。

端的に言えば、解くべき問いは何かを明確にしてから問題を解きに行け、というメッセージの本です。コンサルの文脈でこの本を考えると、特にマネージャーを目指すにあたって大切な要素が解説されているのではないかと思います。

コンサルは大きく3つの職位に分けられます。クライアントのCXOと関係を築き、クライアントの悩みを拾いあげてプロジェクトを受注してくる"パートナー"、プロジェクトにおいて解くべき論点を設定してストーリーを描き実際にプロジェクトを進めていく現場責任者”マネージャー”、マネージャーの下でリサーチや分析・資料作成をせっせと行う実働部隊”スタッフ”の3つです。

この中でマネージャーに求められる最たる能力が「解くべき問いを正しく立てる能力」だと感じています。スタッフのうちから、これを意識しながら仕事を進めることが本質的な成長につながるでしょう。

定期的に読み返したい本です。

イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」

イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」

  • 作者: 安宅和人
  • 出版社/メーカー: 英治出版
  • 発売日: 2010/11/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

世界基準の上司

あなたはコンサルをしていて、潰れそうになったことはあるでしょうか。私は余裕であります。

潰れそうになった経験を持つ人を少しでも減らすために、部下を持つコンサルは全員この本を熟読すべきかと思います。どう指示を出すべきか、どの粒度の細かさがベストなのか、アウトプットイメージはどう握るのがいいのか。明日からすべてつかえます。

最後に本からの引用です。

"「おれも今までこうやって言われて育ってきた」「その怒りのエネルギーを仕事にぶつければいい」、そんなことを思っている人がいないことを心から願っていますが、もしいたとしたら今すぐ即座に直ちにこの瞬間にその考えを改めてほしいです。"

強面上司のあなたは、毎日これを100回読んでからオフィスに来てください。下からのお願いです。

世界基準の上司

世界基準の上司

 

 

Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法

コンサルスキルというよりも、豊かな人生を送るための思考方法が書かれた本といった方が正確かもしれません。ただよくある「よい人生を送るために・・」系の本と違い、知的好奇心をくすぐる学術的な裏付けの紹介とロジカルな文章に大変好感が持てます。

飛行機が予定通りのルートを寸分たがわず飛ぶ確率は0%。飛びながらの微調整が人生にも大事、など。

個人的には昨今の日本の独立・フリーランスブームに刺さるこちらの言葉がお気に入りです。

「どこにも属さない人生を想像すると、あこがれの気持ちやロマンチックな空想をかきたてられるかもしれない。だが、属する組織を持たないと社会があなたを拒絶しようとする。無情な逆風が吹き、ほとんどの人は打ちひしがれる。輝けるのはほんの少数だ。」

Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法

Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法

  • 作者: ロルフ・ドベリ,安原実津
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2019/04/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

BCGが読む 経営の論点2019

あまりにダイレクトなネーミングなので、天邪鬼タイプの私は思わず避けてしまいそうになるこの本ですが、やはりこのくらいは読んでおいて損はないです。

金融、製造、物流、自動車など幅広い業界のことが記載されているため、普段接していない業界のトレンドや業界課題、解決の方向性が伺い知れます。

何が書いてあるのかなワクワク、というよりも自分の知識の点検をしつつ、知らないところをクイックに吸収するのにちょうどよい、そんな一冊です。

毎年買ってしまう。(経費で落ちるなら。笑)

BCGが読む 経営の論点2019

BCGが読む 経営の論点2019

 

 

HUMAN+MACHINE 人間+マシン: AI時代の8つの融合スキル

AIの発達によって、人間の職が奪われる。こんな言説が飛び交う時代ですが、あなたはこの意見に反論するならどんなロジックを展開しますか?

本書では、Human vs Machineの二項対立ではなく、人間と機械が協働する領域をミッシングミドルと名付け、その領域の拡大によって人間の新しい雇用は生み出され、高い付加価値を生みだせるのだと提唱しています。

例えば、チェスはマシンが人間を超えたことが有名ですが、どうやらマシンと人間が協力したときが一番強いようなのです。こういった協力をすることで更なる価値を発揮できる領域は多く、それは新しい仕事としてこれから顕在化してくるはずです。

当たり前のようで、AIと人間が協力する領域をコンセプト化した書籍はなかったように思うので、なかなか良い仕事しているのではないでしょうか。

HUMAN+MACHINE 人間+マシン: AI時代の8つの融合スキル

HUMAN+MACHINE 人間+マシン: AI時代の8つの融合スキル

  • 作者: ポール・R・ドーアティ,H・ジェームズ・ウィルソン,保科学世,小林啓倫
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2018/11/23
 

 

教養を高めるための本

方法序説

いきなり面食らうでしょう?デカルト方法序説、聞いたことはあっても読んだことのある人はどのくらいいますか?笑

1637年発行の世界最古のロジカルシンキング本です。デカルトはこの中で当時の社会最大の論点「神は存在するのか」をロジカルに「我思う、ゆえに我あり」の自己証明からステップバイステップで証明しようとしています。

ロジカルに考えるとはこうだ、こうやって堅い大地の上に積み上げればロジックは崩れないのだ、と緻密に頑張るデカルトには敬意を表します。ただ、このなかで体温を生み出す器官はどこにあるのかも証明しようとしているのですが、結論が間違っていると思います。笑

これをお薦めする最大の理由は、「本文100ページ程度で、1~2時間もあれば読み終わる」からです。あなたも2時間で教養人になろうじゃありませんか。

方法序説 (岩波文庫)

方法序説 (岩波文庫)

  • 作者: デカルト,Ren´e Descartes,谷川多佳子
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1997/07/16
  • メディア: 文庫
 

 

武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50

2019年上半期、個人的Top3には入る本です。 哲学で修士を取り、BCGで働いていた著者による一冊。哲学のコンセプトを知っているだけで、どれだけ身の回りの事象を説明できることか、気づかせてくれます。そもそもコンセプトを知らないと身の回りの事象に気が付かないんですね。

例えば、人事報酬制度。著者は、M.ウェーバーカルヴァンが唱えた「予定説」のコンセプトを持って、努力⇒結果⇒報酬、を前提とした一般的な評価制度は必ずしもベストではないのでは、という仮説を説明しています。

あなた方は選ばれた人間だ。高報酬を約束する。あとは選民たるその証を示せ。

我々は選ばれた人間であなたたちとは違う。この程度のことは必ずできる。

こういった予定説的な人事設計は、意外と機能するんじゃないの?という仮説なんですが目から鱗とはこのことですね、面白い。総合ファームにおける戦略コンサル部門なんてまさにこの選民思想で・・・っと。誰か来たようですのでこの辺で。

武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50

武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50

  • 作者: 山口周
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/05/18
  • メディア: 単行本
 

 

途上国を正しくとらえるための本

例えばアフリカ。アフリカ大陸の北端と南端ってどれだけ離れているか知っていますか?

日本 ースウェーデンの距離です。(約8000km)

アフリカ、なんてラベルはデカすぎる、途上国なんて大雑把すぎる。まずは事実に基づいて、認識の歪みを直すべくファクトフルネスから。

FACTFULNESS(ファクトフルネス)

2019年上半期個人的ランキングTop3には入ります。 

世界の貧困層はどの程度減ったのか?

初等教育を受けられる女性の割合は?

ワクチンを受けられる子供の割合は?

ヤフーニュースのコメント欄を見ると顕著なんですが、「最近ほんとに凄惨な事件ばかりでどんどん日本の治安が悪くなっている気がします」というコメントで溢れています。日本の殺人事件の件数は、ここ50年で半減しているんですがね。

なぜ世の中が悪くなっているような錯覚に陥るのでしょうか。上記のような質問を通じてあなたにも世の中悪く見えるバイアスがかかっていることを示した後、なぜそのようなバイアスがかかるのか原因を説明し、そこへの対策を論じています。

世界の常識を学べるだけでも損はないのに、バイアスの原因と対策にまで踏み込んだ稀に見る良書です。 

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

  • 作者: ハンス・ロスリング,オーラ・ロスリング,アンナ・ロスリング・ロンランド,上杉周作,関美和
  • 発売日: 2019/01/11
 

 

貧乏人の経済学――もういちど貧困問題を根っこから考える

6~7年前にはなってしまいましたが、開発経済学の分野に大旋風を巻き起こした本です。ファクトフルネスで、意外と途上国の貧困って削減されてたのか。でもどうやって?と思ったあなたにはこちらの本を。

途上国の貧困層は、決して頭が悪いから貧困なのではなく、彼らはおかれた環境の中で極めて合理的に・最適な行動をとっているのだと解き明かしていきます。

そしてその行動原理を理解した上で、対策を行うことが重要なのであると。マイクロファイナンスも教育も衛生対策も。

もう1つこの本で画期的だったのは、ランダム化対照実験という手法を用いて、施策の効果を検証している点です。施策を行った地域と行っていない地域をしっかり比較する、まあ簡単に言えばこれだけなんですが、統計学的な手法として確立し、実際の実証実験にまでガンガン用いているのは素晴らしいです。

専門的な内容を平易な言語で解説した、21世紀に名を残す名書だと思います。

貧乏人の経済学――もういちど貧困問題を根っこから考える

貧乏人の経済学――もういちど貧困問題を根っこから考える

 

 

ネクストマーケットー「貧困層」を「顧客」に変える次世代ビジネス戦略

貧困削減、などと手を差し伸べる対象と考えられがちな途上国ですが、既にそこには大きなビジネスチャンスが顕在化しています。

このネクストマーケットの著者C.K プラハラートは、コアコンピタンスを提唱した経営学の巨人の1人として知られています。その経営学者がいま最も注目しているのが、途上国のマーケットです。

特にBottom of the Pyramid、ピラミッドの底辺(途上国の貧困層)は所得は少ないが圧倒的な人数を抱えており、実はマーケットサイズとしてかなり大きいのではないか、そこを攻略するビジネスモデルは既に機能するのではないか、という仮説を主張しています。

例えばP&Gは、インド市場でボトル型ではなく、1回使い切りのシャンプーを販売し、インドのBOP層の90%にまで浸透させたともいわれています。

これから所得が増え、Bottomとも言えなくなることが間違いないマーケットで、どれだけ早くから存在感を示せるのか、そのためには先進国とは全く異なる消費者の行動様式を理解した上での製品開発・マーケティングが必要なのだとしみじみします。

途上国の繁栄に必要なのは、援助ではなく、まっとうなビジネスなんだと感じられる点でもお薦めしたい一冊。

 

読んでよかった小説・漫画

人間、フィクションを楽しむ余裕がなくなったら終わりですよ。

お薦めしたい本、小説・漫画です。

一九八四年

ジョージ オーウェルの最高傑作にして20世紀最高の小説の1つに数えられるこの本(1949年刊行)。個人的にも好きな小説を一冊、といわれたらこれが頭に浮かびます。

“ビッグ・ブラザー”率いる党が支配する全体主義的近未来を舞台に、伝説的反逆者が組織したというレジスタント組織に加わっていく主人公の話。

これを読むとセサミクレジットを想起します。中国であらゆるデータを収集して、個人の信用度をスコアリングするというスコアリング制度のことです。政府に批判的な内容をSNSに投稿するとトレースされ、一生のキズになりかねません。低利子でお金を借りることも、就活にも婚活にも影響が出るかもしれません。

ビッグブラザーは常にあなたを見ている。

この世界観が決してフィクションではなくなりつつある時代だからこそ、いま改めて読むべき小説です。あと、欧米系のビジネス書や小説の中で圧倒的によくメンションされる本なので、本当に教養として読んでおくべき本かと思います。

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

 

 

青い蜃気楼ー小説エンロン

デロイト、PwC、KPMG、EY、そしてアーサーアンダーセン。かつて、世界の会計事務所はBIG 5だったのを知っている人は多いことでしょう。 

アーサーアンダーセンが吹き飛んだ事件が、エンロンの粉飾会計事件です。ビジネス小説を書かせたら日本一(池井戸さんよりリアルだぞ!)の黒木亮がエンロン事件を題材にほとんどノンフィクションに感じるくらい精緻に書かれた一作です。

アーサーアンダーセンから分離独立したアンダーセンコンサルティングエンロン事件の直前に名前をアクセンチュアと変え、見事に(たまたま?)風評被害を乗り切ったのはまた別のお話し。笑

エンロンに興味がおありならぜひこれを!

青い蜃気楼―小説エンロン (角川文庫)

青い蜃気楼―小説エンロン (角川文庫)

  • 作者: 黒木亮
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2004/08/01
 

 

R62号の発明・鉛の卵

安部公房の本の中で、R62号の発明が大好きです。

会社を首にされ、生きたまま自分の「死体」を売ってロボットにされてしまった機械技師が、人間を酷使する機械を発明して人間に復讐するお話し。

これで凄い皮肉めいているのが、最もコストの安い燃料をつかってロボットを動かそうとした結果、人間を強制的に働かせることにした、というロジックを主張しているところです。確かに、人間ってコスパいいですよね。1時間1000円であれだけ動いていくれる機械、なかなかつくれませんよ。

短編なので、15分で読み終わります。他にも収録されている短編は面白いですよ。

R62号の発明・鉛の卵 (新潮文庫)

R62号の発明・鉛の卵 (新潮文庫)

  • 作者: 安部公房
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1974/08/27
  • メディア: 文庫
 

 

宇宙兄弟

お薦めしたい・・!これはほんとにお薦めしたい!

宇宙飛行士になった弟を持つ兄(自動車メーカーの開発・設計部門勤務)が宇宙飛行士を目指すお話。出てくる登場人物がことごとく感情移入できる最高なキャラばかり。

そして名言が多すぎて、目頭が熱くなります。

  • 「知りたいことのおおよそ半分は ネットや本で調べればわかることだ どこにも載っていないもう半分を知るためには…… 自分で考え出すか 経験するしかない」
  • 「ここまで来たんだ。年のことは忘れよう。私の夢はまだ年を取っていない」
  • 「本気でやった場合に限るよ 本気の失敗には価値がある」
  • 「割りと大事なことを1個教えてやろうか。”真実”は見つけ出そうとするな 作り出せ」
宇宙兄弟(1) (モーニングコミックス)

宇宙兄弟(1) (モーニングコミックス)

 

 

バクマン

中学生2人が漫画家を夢見て走り抜ける超爽快ストーリー。

この漫画のすごいところは、一言で言ったら編集者目線。どんな漫画がヒットするのか。編集者はどんな目線で漫画を選んでいるのか。大人になるほどにこの「編集者」目線が面白い。

あと、週刊連載。この激務具合に震えます。コンサルしてると週次定例向けのコンテンツを考えて、調べて、分析して、資料にして・・ほんとに週刊連載みたいな思いをすると思うんですが、漫画の週刊連載と比べたら。。

我々はまだ甘えていたのかもしれません。

バクマン。 モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

バクマン。 モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

コンサルが実践するリサーチのコツ

先日、「リサーチのコツを教えてください」という質問をされました。
戦略コンサルとして、人並み以上にリサーチ案件に携わってきたように思うので、今回はリサーチのコツをまとめました。とりあえずWayback machine知らない人はリサーチノウハウ不足しているので読み進めてやってください。マインドセット論はさわりだけで、How論が中心です。

アジェンダはこちら。
1. リサーチ設計を行え
2. まずは詳しい人に相談しろ
3. 効率的にググれ
4. 便利サイトを知っておけ
5. URL管理、元ネタ管理を徹底しろ
6. あえて最後に一番大事なこと。リサーチからどんな示唆を出したいのか、明確にしろ

なお、マインドセット論やリサーチ設計の仕方の詳細はこちらの本など読めばよろしいかと思います。

外資系コンサルのリサーチ技法: 事象を観察し本質を見抜くスキル

外資系コンサルのリサーチ技法: 事象を観察し本質を見抜くスキル

 

リサーチ設計を行え

リサーチにおいて最悪なのは、長時間をかけ「色々頑張ったけど、見つかりませんでした」というものです。せめて「色々頑張った」ではなく、どのような情報ソースにあたり、どう調べた結果なのかを言えるよう、最初にそこを設計する必要があります。

この業界レポートを見て、過去資料を見て、記事検索を行います、ここまで3時間でやるので3時間後にいったんレビューポイント置かせてください、というところまでは上司と握ってからリサーチを始めたいところです。

リサーチわかりました!と0.5秒後にググり始める人は6時間後に、「どうなった?」、「あんま見つかってなくて・・かなり調べたんですけど、、」、「は?」となりがちなので気をつけましょう。

まずは詳しい人に相談しろ

リサーチの初手はなんでしょうか。

私は、「詳しそうな人に情報乞食する」だと思っています。似たようなリサーチはみんなやっているものです。「AIをつかった先進事例」なんて絶対すでに誰か調べています。最大のショートカットになるので、まずは類似案件やっていた同僚に聞くべきです。メールを出してから返信までリードタイムもかかるので、リサーチの論点と出したい示唆を明確にした時点でそれを書いてメール送信です。

少し話がそれますが、どう考えてもこれはデスクトップリサーチでは出ないな、という感覚も大事です。例えば競合の新規事業の主要KPIなんてネットに載ってるわけないじゃないですか。

調査対象の企業に勤めている知り合いに聞く、エキスパートインタビューを仲介会社を通じてセットするなどの方法を取りましょう。

経験上、結局詳しい人に聞いた・もらった情報が刺さる率が一番高いです。刺さる情報なんて、「新しい」か「生々しさ」のどちらかが尖っているときですから、インタビューで生々しさを尖らせた方がいいときもあります。

効率的にググれ

メールを送信したらネットという情報の海へダイブです。ググるときのわざをいくつか紹介します。

画像検索をつかえ

市場規模は、たいていグラフで載っているものです。画像で検索しましょう。

XX業界のベンチャー企業の一覧がほしい。「XX業界 カオスマップ」で画像検索しましょう。
画像検索はかなり時短で筋のいい情報にたどり着けるので、積極的に使いましょう。

筋のいいキーワードを発見しろ

市場規模を調べるときは、「XX業界 市場規模 億円」と検索しましょう。億円つけるとヒット率が上がります。(画像検索もお忘れなく)

またサブスクリプション、ではなく、SaaSと調べたほうが情報が多く出てくることがあります。業界のキーワードにいち早くたどり着きましょう。

フィルタ検索機能をつかえ

フィルタ検索、みなさんつかっていますか。

” ”をつけることで、” ”のなかに入っているキーワードを必ず含む検索結果を出すことができます。コンサル ”激務” なら激務を必ず含む検索結果になります。

一方で、 コンサル -  激務 なら激務を含まない検索結果に絞って表示できます。

また時間軸を設定しての検索も有効です。

XXX .pdfではPDF資料をメインで検索できます。なんちゃら総研、政府系レポートなどはこのPDF縛りでかなり手に入りやすくなります。

こういった小技もつかいましょう。

便利サイトを知っておけ

ベンチャー情報は、CrunchBase
• 1年前のWebサイトを見たいならWayBack Machine
有識者の知見を得るならSlide Share
• 基礎情報はやっぱり日経新聞日経ビジネス
• Bynameで企業調べるなら、テレビ東京オンデマンド

Crunch Base

いわずと知れたベンチャーのデータベース。いつ調達したか、誰から調達したか、いくら調達したか、いまSeriesいくつ?。こういった情報はまずCrunch Baseで調べましょう。VRベンチャーを一覧化したい、というときもここです。

またここってどんなベンチャー?という定性情報を探すときは、TechCrunchに取り上げられているケース多めです。

WayBack Machine

更新される前のウェブサイトが見たい、1年前のウェブサイトが見たい。WayBack Machineなら可能です。いつ更新されたのかもトレース可能です。

例えば、「1500社のお客様にご利用いただいています!」と記載があるWebページなら、1年前に遡れば、「600社のお客様にご利用いただいています!」、と書いてあったりするわけで、これでユーザーの増加数が調べられます。このような時系列を遡って調べるのに便利なのがWayback Machineですのでお見知りおきを。

https://archive.org/web/

Slide Share

Slide Shareにはどこぞのイベントでの講演会資料などが多く載っています。PPTでダウンロードできることも多いのでおすすめです。SaaSビジネス、チャットボット、自動運転、というホットなワードであれば、かなり質の高い資料を無料で手に入れられることがあります。チャットボットのこれとかめちゃくちゃ面白かったです。リサーチは置いといて、趣味で見るのにもいいかもしれません。 

https://www.slideshare.net/storywriterjp/uxwebmaster-camp-aiui

日経新聞日経ビジネス

大手企業の社長へのインタビュー記事など日経ビジネスはハイクオリティな内容が多いです。日経新聞もとりあえずその企業名でざっと検索すれば、大まかな動向は調べられます。

先進的な取り組みをリサーチするときは、日経ビジネスやクロステックなどは情報の粒度が細かく参考になることが多いので、私は検索ワードに「日経」を入れてググることもよくあります。

業界特化の雑誌も出ているので、積極的にそのあたりも見ていきたいですね。

盲点 「カンブリア宮殿

カンブリア宮殿はみなさん見たことあるでしょうか。

テレビ東京で放送している、情熱大陸的な・プロフェッショナル的な番組です。毎回、注目の企業を1つ取り上げ、ひたすら深掘りします。社長のインタビューはもちろん、創業時の理念、今までに味わった挫折、成功のきっかけなど見ていて普通に番組として面白いんですが、冷静に考えてこんなにリッチな内容で企業を知れる情報ソースは他にありません。

ライザップ、バルミューダ、タカタの種(ブロッコリーが世界に広まったのは収穫しやすいブロッコリーの開発に成功したこの会社の功績)みたいなニッチな企業からJR東日本、ゼンリンといった大企業まで取り上げているので知見を広める意味でもぜひ。

そしてテレビ東京オンデマンドで500円課金すると過去放送分を含め、すべてのカンブリア宮殿が見られるのでダウンロードしましょう。そして2倍速にすれば20分あれば見終わるので通勤中に見ましょう。

URL管理を徹底しろ

「再現性のあるリサーチ」。この情報の出典ってなに?と聞かれたときにすぐに答えられないコンサルタントを誰が信用できるでしょうか。大量に開いたGoogleのタブ、ぐちゃぐちゃにコピペしたURL。大惨事です。(私はこれで炎上した経験があります)

すぐにでも誰かにリサーチ結果を引き継げるような属人化していないリサーチが絶対的に大切です。その上で侮れないのがURL管理です。

Excelなどでリサーチ結果をまとめているとき、どの情報がどのURLからとったものか管理しきれなくなることがあります。個人的にお勧めしたいのは、ビジネスチャットツールの活用です。(SlackとかCiscoとかKintoneとかTeamsとか・・)

Excel(PPT・Word)に情報をまとめたらそこに番号を振ります。
「コンサル業界の日本での市場規模は7,659億円だ(*1)」といった感じです。
そしてビジネスチャットでチャンネルを適当に開設して、
「(*1)https://enterprisezine.jp/article/detail/11888」と投稿します。

これでガンガン番号をつけて投稿すれば、Excelとビジネスチャットを照らし合わせることで確実に出典がトレースできます。リサーチ結果をまとめたExcelの見栄えもきれいに保てますし、チャットだと見出しが表示されるので視覚的に情報を探しやすいのがおすすめポイントです。個人的には大量の情報ソースを管理するときはこの方法を取ります。

少ないURL管理で済みそうなときはExcelでCtrlと1を押してから「縮小して全体を表示する」を選択し、そこにURLを投げ込みます。些細ですがExcelの見栄えを保つコツです。

ご参考までに。

最後に、マインドセット

結局は、「リサーチからどんな示唆を出したいのか、明確にしろ」が最重要です。

そのリサーチでどんなことが言いたいのか、全体のストーリーの中で自分のリサーチはどんなメッセージを出すために行うのか、そこを正確に理解することが最重要です。

リサーチのタスクが振ってきた時点で、リサーチによって言いたい仮説があるはずです。たとえば「市場規模調べて」というときは、「市場として十分な規模があり参入すべき」という仮説を証明したい、といったようにです。単に市場規模は15億円でした。とだけリサーチ結果を伝えると、「それ小さすぎだし、仮説のファクトにならんし」とゴタゴタします。

15億円ですが、成長率はCAGRで40%もあります、などといいたいメッセージに即した周辺ファクトを集めることをこころがけましょう。
とてもその仮説を証明できそうにない、というときは確固たる反証リサーチ結果をもって即相談です。

なぜなら、ストーリー全体を修正する必要があり、全メンバーの作業に影響するからです。XX市場に参入すべき、を前提にストーリーを作っているのに、真逆のファクトしかないならストーリーの練り直しです。自分以外のメンバーのタスクに影響を与える要素が出てきた時点で早めの相談をしましょう。ファクトなんですからあなたが怒られることはありません。

ざっとこんな感じでございます。みなさまのリサーチのお役に立てることを願っています。

コンサルのケース面接・インターンで斬新な意見を言うコツ

コンサルファームの就活において切っても切り離せないのが「ケース面接」です。ケース面接とは、例えば「スタバの売上を上げるための施策を考えよ」だとか「地方の過疎化を食い止めるためにはどうしたらよいか」など、出されたお題の解決策を考えさせ、その人の思考力、地頭の良さを図ろうとするスタイルの面接のことです。

戦略コンサルの内定獲得プロセスは、ファームによって多岐にわたるものの普通はインターンへの参加権をゲットし、インターン参加者の中から特に優秀だった人材を採用するというプロセスが多いです。①インターン内定、②インターンで優秀さをアピールする、の2つが大きな壁です。

この2つの壁で特に重要なのが「ケース面接」でのアピールになります。

まず、インターンの参加権をかけた選考でもケース面接が行われるファームは多く、さらにインターンでも3~5日をかけてケース問題を解くことがほとんどです。ケース問題を制する者はコンサルの就活を制するのです。

どう対策したらいいのか

ロジカルシンキングの本や就活対策本は巷にあふれているので、その中からおすすめのものを最後にまとめておきましたので、参考にしてください。

これらの本を読んで対策をするのは最低限必要なことですが、それだけで他の参加者と差別化を図るのは困難です。みんなやっているので。

そんななかで他の就活生と差をつけるためのコツをお話しします。

勝手にお題の範囲を狭めるな

「渋谷にあるカラオケ店の売上を伸ばす施策を考えよ」という問題を例にとりましょう。売上=単価×人数、顧客層を年齢別・性別ごとに分解して考える・・・は基本なので置いておきます。最低限出来るように上の本を読んで勉強しましょう。

ここで言いたいのは、「従来通り、カラオケで稼がないといけない」とお題の意味を勝手に狭めていないか、という点です。「カラオケ店」の売上をあげればいいので、カラオケ店が1フロアを改装して楽器の練習ができるフロアにしてもいいですし、歌のうまい人が歌を教える歌の塾事業をカラオケの一室で開始してもいいわけです。

企業の強みを再定義せよ

ケースを考えるとき、人と違う意見を言うためには、「その企業の保有するアセット、強みは何か」という点を広く考え直すことです。カラオケ店の強みを考えてみましょう。

・都会の一等地に大きなスペースを持っている
・大きな音を出しても良い環境である
・音楽が好きな人が多く集まる場所になっている
などなどが挙げられます。

ダンスや楽器の練習ができる場にしてもいいですし、歌のうまい人が下手な人に歌を教える「歌を教える教えられるのマッチングサービス」を始めてみてもいいですし、都会の一等地という地の利を活かしサラリーマン向けにマッサージやランチ提供を始めてもよさそうです。

スタバの例でいえば、強みとして「最高の接客をするスタッフが揃っている」というものがあるとしましょう。であれば、「スタバが教える接客のコツ」というセミナーなどをいろんな企業で実施するというものも考えられます。

携帯キャリアであれば、店舗数が多い、進学や就職といったライフイベント発生中のお客さんが多い、といった強みがあります。ライフイベント発生の際に申し込みニーズが増える保険やローンといったサービスを店舗で行うということも考えられますね。実際に保険の申し込みができる携帯の店舗は増えています。

ユーザーのニーズにもっとも刺さるサービスを提案せよ

企業が提供できるサービスを広く考え直したところで、ユーザーのお困りごとは何か、それを解決したときにどの程度の売上が上がるかといった点を考えます。

順番としては、
①ユーザーのニーズ・ペインポイントは何か
②そのニーズを解決した際にどのくらい儲かるのか
③ニーズを解決するために企業はどんなサービスができるか
の3つの論点を順に解くべきですが、①のユーザーのニーズを考える時点で「カラオケをする人のニーズ」と主語を狭くしてしまう人が多すぎるので、③の企業ができることを広く広く考えておくことがアイディアマンになるコツです。

③を広く考えつつ、①、②を解いていきましょう。

1つだけ気を付けてほしいのは、原因・ニーズを特定する前に思いついた解決策のアイディアを言わないことです。原因やユーザーのニーズが分かって初めて解決策につながるので、それらが分かる前に解決策を叫ぶとそれはあなたがロジカルでない人の証明になります。

うまく原因やニーズの特定を誘導し、あなたが思いついたイチオシの解決策が刺さる方向に誘導しましょう。

お勧めの本一覧

とりあえずこれだけはやっとけ

東大生が書いた地頭シリーズだけは面接の前にやっておきましょう。私はこれやっただけで総合ファームの内定は獲れました。

 

ガチなロジカルシンカーを目指すあなたにはこの3冊を

コンサルファームで必ずと言っていいほどおススメされるロジカルシンキング、問題解決本。とっつきにくい文章と長いこともあるので、時間があり焦りが少ない大学2年生、3年生なり立てくらいの人におすすめです。

ライト、ついてますか―問題発見の人間学

ライト、ついてますか―問題発見の人間学

 
考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

 
新版 問題解決プロフェッショナル―思考と技術

新版 問題解決プロフェッショナル―思考と技術

 

 

5G×VR×触覚通信のユースケースってエロい方向に、リモートセックスにしか行きつかないと思う件

みんながすまし顔をしてなかなか言わないので仕方ない。ここは自分が言おうと思う。
5Gで変わるのは性産業だ、と。
遠隔セックスの時代が来るんだ、と。
5G銘柄はDMMとTENGAだ、と。(上場してねええ!)

最近、ずいぶんと5G界隈も盛り上がりを見せている。2020年の実用化を目指して、国内通信キャリアは各社とも実証実験やら業務提携やら設備投資やらに余念がない。海外ではAT&TやVerizonなどで既に実用化も進んでいる。5G銘柄などと、投資銘柄としても大きな注目を集めるようになった。

5Gをどう使うか、という議論を具体的に進める段階に来ているわけだが、みんなが意図的に触れないようにしている分野がある。性産業での活用についてだ。

ところで5Gって何だっけ?

本題の性産業を語る前に、5Gの基本情報を軽く説明したい。知ってるわ、という人はマウスの真ん中をくるくるっとまわして飛ばしてほしい。

5Gは5 Generationの略であり、名前の通り第5世代の通信のことを言う。その特徴は三つに分類できる。大容量(eMBB)、低遅延(URLLC)、大量接続(mMTC)だ。

①大容量(eMBB)

より重いデータをスムーズに送れるようになること。水道管でいえば、水道管の直径が大きくなるイメージで正しい。たくさんの水が一度に流れるようになる。
下りピーク通信速度20Gbps、上り10Gbpsを目標値に設定しているほどである。どのくらいの大容量かというと、私の今のポンコツ無線Wifiはさっき測ったらアンテナ1本、上り3Mbpsである。3000倍違う。

3Gではガラケーで画像が送れるようになり、4Gではスマホで動画が見れるようになった。5Gではなにができるかと言えば、4K/8Kの高精細映像、VR/ARといった重いコンテンツが送れるようになる。

②低遅延(URLLC)

より早くデータを送れるようになること。水道管でいえば、水圧が高くなって水道管を流れる水のスピードが上がるようなイメージだ。
0.5ms以内の遅延を目標にしている。例えば、VR/ARでは7msの遅延があると乗り物酔いを起こしやすくなるらしい。

低遅延では、自動運転のようにリアルタイムでの通信が重要なユースケースの実現に期待がかかっている。

③大量接続(mMTC)

同時により多くの機器と通信ができるようになること。水道管でいえば、よりたくさんの蛇口に水を送れるようになるよ、という話。
はっきり言えばIoTを実現できますよ、ということ。

水道管に上水と下水があるように通信も送る側(アップロード)と受け取る側(ダウンロード)があるが、細かい話はそこまで本題に響かないので置いておく。

5Gで触覚通信の要件が揃った

VRや超高精細動画の他に期待されているコンテンツがもう一つある。触覚だ。触覚通信だ。抽象的な説明よりまず実例を見てみよう。

人型ロボット「Pepper」が装着した力触覚伝送用グローブと、遠隔地にいる人間が装着した遠隔操作用グローブの間で、力触覚の情報を伝送・再現する実験を、5Gと4Gの無線通信環境下で行いました。


つまり、あるデバイスで受けた刺激をデータとして送り、遠隔地にある別のデバイスでその刺激を再現する技術のことを触覚通信という。

遅延なく触覚を伝えるには、4Gではダメで低遅延の特徴を持つ5Gが必要なのである。映像と触覚をリンクさせて送るには、遅延があると映像と触覚がずれるということになる。上記のPepperをつかったソフトバンクの実証実験でも4Gではうまくいかず、5Gでは成功したと載っていた。

実験の結果、4Gでは遅延による影響で双方のグローブの動きにずれが発生し、正確に力触覚を再現できませんでしたが、5Gではその特長である1ms(1,000分の1秒)以下の超低遅延性により、遅延による影響を受けることなく、高精度な力触覚の伝送・再現に成功しました。

力触覚情報の伝送における5Gの有用性を確認 | プレスリリース | ニュース | 企業情報 | ソフトバンク

 

触覚通信の使い方(ユースケース

もう察しの良い何人かは触覚通信の可能性を感じ取ったのではないだろか。ていうかそれしか思いつかない。企業のお偉いさんの頭にも必ずよぎるはずだが、彼らは賢者の顔をしてこう言うのである。

「大容量、低遅延の5Gによって実現される触覚通信。これを遠隔医療に活用しよう。」

違う。

「触覚通信で遠くにいるロボットにギターを弾かせてみたよ」

バカなんじゃないか。
 

いや、遠隔医療もギターも使い道としてはあるだろう。
でももっとゲスの極みの発想が真っ先に出てくる。
 

遠隔医療とか遠隔ロボット操作とか言ってる奴ら。俺が代わりに言おう。

「5Gで遠隔セックスの時代が来るってんだよ!!」

VR空間で触覚通信するアダルトデバイスを使った遠隔セックスが実現すると言っている。

これはめちゃくちゃ真面目な話である。

定量的なデータは持ち合わせていないが、圧倒的な没入感を体験できるVRのコンテンツは今のところAVが最も種類が多く、かつ成功しているのではないだろうか。火災現場の訓練にVRを使いたい!というニーズとエロい動画をVRで見たい!というニーズの大きさの違いは計算するまでもないように思う。

触覚通信、VR連携機能を持ったIoTオナホが世界を変える

VRゴーグルとアダルトなコンテンツを買うときにAmazonが「これらを買っている方はこちらの商品も買っています」とレコメンドをしてくるモノがある。何だろうか。オナホである。

今のVR動画は、触覚通信して映像とリンクさせた触覚を何かのデバイスに伝えることはない。しかし、PepperがPoCで証明しているように5G時代ではそれは可能なのである。しかもリアルタイムで映像と触覚を伝えることができる。

自分の自宅にいるAさんがVRカメラを回しながらとあるデバイスを触る。遠く離れた場所でVRゴーグルをかけたBさんはVR空間において、Aさんが目の前にいるように見えつつ、Aさんが触る触覚もとあるデバイスを通じて伝わってくる。大量接続可能な5Gだから、何万人だって何千万人だってBさんと同じ体験をリアルタイムにできるようになる。

VRの映像とリンクし、触覚通信機能を搭載したオナホ。これが登場したとき、性産業にとんでもないブレークスルーが起きると思っているのは私だけだろうか。

どのくらいの感覚が再現できるかにも依存するが、キスの感覚を再現しようとするKissengerとかいうデバイスが開発されている世の中である。セックスの感覚の再現と遠隔伝達に全力を傾ける男/女/その他は間違いなく登場する。

人気の女優と極限までリアルな体験がリアルタイムでできる(別に録画でもいいけど)。配信する側もデバイスを触ったりしてればいいわけで、直接生身の人間を相手にする必要がなくなるから今よりハードルが下がるかもしれない。

もう一つ大事なことがある。VR空間はリアルな人間だけの生息域ではない。2次元のキャラクターとの接触も可能だ。"俺の嫁”と本当に触れ合えるようになる。

このくらいの未来は簡単に思い描ける。

一方で、触覚通信による性サービスを定義し、規制する法律は検討は進んでいるのか。間違いなく進んでいない。性に真正面から取り組まないムッツリスケベな国民性だなあと思う。

相手がいる場合はダメで創作されたキャラクターの場合はいいのか。
遠隔セックスは不貞行為にあたるのか。
配信した側と受けた側、どっちの何を規制して何を罰するのか。
性規制が緩い国から発信されたものはどうなのか。
てか少子化進みまくるんじゃないの。

人間の3大欲求は、食欲、睡眠欲、性欲であり、VR空間のような現実世界でない空間で存分に満たせるのはそのうち性欲である。あとの2つは現実空間でなければ満たせない。

5G×VR×触覚通信で実現し、社会的に最大のインパクトを与えるユースケースは遠隔セックスである。私はそう思っているが、みなさんはどうだろうか。

とりあえずVRだけならもう体験できるので、何のコンテンツを見るかは置いといて、一度試して、VRと触覚通信の未来の断片を感じてほしい。3000円だし。

 

縮小する豆腐市場でシェアを激増させた相模屋食料は設備投資のお手本だ

相模屋食料という企業をご存じでしょうか。10年間で売り上げを5倍伸ばしたトンデモナイ企業です。しかもイケイケのIT企業ではありません。豆腐屋です。

この相模屋食料は売上40億円の2005年に売上と同じ40億円規模の投資を行い新工場を建設するという無謀とも思える決断をしています。しかし、それを機に超成長企業への歩みを進めていったのです。

この相模屋食料は、業界課題を技術をもって解決する、そのお手本となると感じましたので紹介させて頂きます。

大企業の存在しない豆腐市場

豆腐は特殊な性質を持っています。それは、「賞味期限が短い」、「すぐ崩れるのでパック詰めは手作業で実施」という性質です。

まず賞味期限が短いため、豆腐は在庫として抱えることができません。少しでも長く持つ豆腐がつくれればいいのですが。。

そして在庫を持てないため、「明日は暑いから冷ややっこ用の豆腐が多く売れそうだ」といった需要の波がそのまま発注量の波となります。生産ラインを全自動化して短時間に大量の豆腐を生産できれば需要の波にうまく応えることができるのですが、豆腐はなんといっても崩れやすい。機械によるパック詰めは不可能であり、手作業に時間がかかっていました。

賞味期限が短く、納期に対して製造に時間がかかるため、近所のスーパーに豆腐を届けるのが精一杯。市場は地域ごとに細分化されていました。

実際、2005年当時、豆腐市場は6千億円の市場に1万3千もの事業所がひしめき、しかも売上100億円を超える企業は存在しない、極度に細分化された市場構造となっていました。

2005年一世一代の大投資へ

当時の相模屋食料は売上30億円程度の中堅メーカーに過ぎませんでした。そんなある日、6000坪の土地を買わないか、という話が持ち上がりました。前々から計画していた投資規模は10億円だったのに対して、6000坪を超える新工場にかかる費用は40億円。

こんな博打に乗らない方がいい、という声もある中、婿養子として雪印から転職してきた鳥越氏は当時社長の義父とともにここが勝負どころだ!と打って出ます。

なぜ勝負どころだと考えたのか

鳥越氏は40億円をかける新工場を、ただ安く大量に豆腐を生産する工場にするつもりはありませんでした。「賞味期限が短い」、「製造に時間がかかる」という業界課題そのものを解決する工場を作り上げようと考えたのです。

そもそも豆腐はなぜ賞味期限が短いのでしょうか。雑菌は35~40℃で最も繁殖します。豆腐をパックに詰める作業は人が行っていましたが、そのままでは豆腐が熱すぎて詰められないため、水にくぐらせながらパックに詰めていました。そのときに雑菌が繁殖しやすい40℃程度になってしまうのです。もし熱々のまま豆腐を詰められれば雑菌は繁殖せず、賞味期限は伸びるはずです。

製造に時間がかかるのもこのパック詰めの工程が原因でした。豆を水につける⇒煮る⇒にがりを混ぜて寄せる⇒整形して切る⇒パック詰め、これらの工程の中でパック詰めだけが自動化できていなかったのです。何しろ、豆腐はやわらかく、機械で持ち上げてパックに詰めるなんて不可能だったからです。

鳥越氏はここに目を付けました。パック詰めさえ自動化できればいっきにこの2つの課題を解決できる、と。

パック詰めも自動化したフルオートメーション工場の誕生

悩みぬいた鳥越氏はある解決策をひらめきました。

豆腐を持ち上げてパックに入れるのではない。パックを持ち上げて豆腐にかぶせればいいじゃないか。

大志を胸に工場の建設にとりかかるも、そこは苦難の連続だったと言います。試運転したら、他工場と品質の違う豆腐ができた。連続稼働させたら途中から味が変わった。温度や湿度によって出来上がりが異なった。しかも、こんなフルオートメーションの豆腐工場は誰も経験したことがないので、機械の適切な微調整の仕方は誰にもわからず、四苦八苦。

1000項目に及んだという改善活動を続けて完成したのが、豆腐生産のフルオートメーションを実現した第三工場でした。

そして圧倒的な参入障壁が、この1000項目の改善活動によって築き上げられました。似た発想で機械を導入しても、どう微調整すれば一定品質の豆腐ができるのか、その制御ノウハウは一朝一夕で真似できるものではなかったのです。

完成した工場とともに大躍進

この工場が2005年に完成してから、10年で売上5倍。業界初の売上100億円企業どころか近年では200億円も突破しました。

これほどまでに成功を収めたのは、新工場の目的が「コスト削減」ではなく、「新しい価値の創出」にあったからです。

賞味期限の短い豆腐。完全機械化で、人の手では触れない熱々の状態のままパック詰めまで実施。その結果、雑菌の繁殖を抑えることができ、賞味期限が伸びました。

さらに冷却しないことで新鮮さが保たれ、味も良くなったと言います。

製造に時間がかかる豆腐。機械化できていなかったのはパック詰め工程でした。機械化によって生産時間の短縮にも成功しました。

味はよくなり、賞味期限は伸び、短時間で出荷できる。

安く大量に作ることだけを考えた工場とは一線を画しています。この業界課題に真摯に取り組み、無謀ともいえる設備投資を断行し、どの企業も生み出せなかった新しい価値を創出した。

これこそが相模屋食料の成功の要諦です。

なお、相模屋食料の熱い物語はこちらの本に詳細が載っています。ここ1年で読んだ本で最も価値ある一冊と言っても過言ではありません。ぜひ読んでみてください。

「ザクとうふ」の哲学

「ザクとうふ」の哲学

  • 作者: 鳥越淳司,夏目幸明(構成)
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2014/09/12
  • メディア: 単行本
 

コンサル業界が激務ってほんとなの?働き方改革って進んでる?実際どのくらい働いているかをお伝えしよう

ãæ¿åãããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

コンサルティングファーム。それは激務の代名詞。

激務で深夜まで仕事をしている。終電?何それ毎日タクシー。

それってどこまでほんとなの?盛ってるんじゃないの?と疑問に思っている人も多いかと思います。

これは、コンサルティング業界を志望している就活生、そしてコンサルティングファームで働く予定の内定者や転職者向けに、コンサルの激務度と働き方改革の現状をお伝えする、そんな記事です。

ちなみに私が激務・・というよりパワハラで潰れかけたお話はこちら。
(ヘビーな内容だから覚悟して読めよ!)

techhack.hatenablog.jp

どのくらい激務なのか?

激務激務と言われるコンサルですが、最近では働き方改革の波がコンサル業界にも押し寄せています。昔と変わらず仕事が終わらないと思ったら、終わるまで永遠に働くというマインドセットをほぼ全員が持っているため、プロジェクトの忙しさによっては永遠に働くことがあるものの、深夜まで仕事をする確率は下がり続けていると感じています。

肌感覚では、若手コンサルの激務割合は

  • 深夜残業・土日出勤当たり前人:15%
  • 0時くらいまでは仕事している人:20%
  • MTG前(週1~2回)は深夜まで、それ以外は21時くらいに帰る人:50%
  • 21時前に大体いつも帰る人:15%

って感じだと思います。私の場合、始発が動く時間まで仕事をしているのは年に10日もありません。

激務度はプロジェクトに依存する側面が強いですが、違うプロジェクトになっても同じ上司だと同じ働き方をするケースが非常に多いです。炎上上司として有名な人がどこのファームにも必ず数名いると思います。いかに彼らから逃げるかが、コンサルファームでの最重要生存戦略です。ここ、テストに出るのでみんな覚えておくように。

マネージャー以上は超激務

あれ、意外と激務じゃねえな!と思ったソルジャーなあなたに言っておかなければならないのは、中間管理職(マネージャー以上、だいたい6年目以降)は

「深夜残業・土日出勤当たり前:100% 以上」です。まじで。

マネージャー以上はいつ寝てるのかわかりません。そういう姿を見ているから、マネージャーになる前にかなり多くの人が会社を去ります。ちょうど30歳手前で、結婚・育児も関係してくる年齢ですし。

最も上のポジションの人たち(ディレクターやパートナーと呼ばれる役職)は、雲の上過ぎてイマイチいつまで仕事をしているのかわかりません。笑

見ている限り、シニアマネージャーとマネージャーが一番働いていると思います。結論としては、コンサルは中間管理職が地獄の激務。さらに中間管理職の激務度は近年の働き方改革で増加傾向です。以下で解説します。

働き方改革はどのくらい進んでいるの?

働き方改革と無関係のファームは存在しないといって間違いないです。この時代、ブラックと言われることは企業イメージにとって致命的ですから。

働き方改革で変わりつつあることは大きく2つです。

1. 遅くまで部下を働かせている上司の評価を下げる

マネージャーを評価する際、パフォーマンスだけで評価するのではなく、どれだけ効率的に働けているのか、が大きな評価基準になりました。クライアントから大いに評価されても、毎日3時まで部下を働かせているマネージャーはより問題視されるようになりました。

2. 若手には「遅くまで働くな!」というお達しが出るようになった

その結果、若手のコンサルタント(アナリスト、アソシエイト、コンサルタントなどと呼ばれる)には、遅くまで働くな!というお達しが出るようになりました。遅くまで部下が働いていたらマネージャーの評価が下がるわけですから、マネージャーが「働くな!」と繰り返すようになるわけです。

19時以降の会議は禁止、20時には帰ること、深夜の作業は禁止、などプロジェクトによってルールを決めることも増えてきているようです。

これは若手にとっては悪いことではありません。働くな、と言われて嫌がる人はあまり多くないでしょう。残業代もみなし残業で実質固定されているので給料も下がりません。

弊害としてマネージャーの激務度が増し増し

でもちょっと待ってください。仕事量は特に変わっていないのに、若手コンサルタントを早く帰らせたらどうなるのか。当然どこかにしわ寄せが行きます。しわが寄るのはマネージャーです。

「もう21時だから、あとの資料の修正はこっちでやっておくよ。お疲れ様。」

と若手を帰らせたあと、マネージャーは資料の修正を一人行うことになります。

古き悪しきコンサルファームでは、21時でも

「こんな資料、明日の会議で見せられるか!すぐ作り直せこの馬鹿!」

と資料を投げつけていたわけですが、このハラスメント時代にこんな暴挙をして部下からクレームが上がったら上司は即死です。

結果として、上司が若手の仕事を巻き取るケースは増加しつつあるように思います。

苦悩するマネージャーたち

マネージャーは自分の仕事を減らすために、いかに部下の仕事を手戻りなく進めさせるか、に焦点を移すようになります。ある程度仕事を任せて部下にやらせるのではなく、細かくToDoを分解して作業単位で部下に振り、アウトプットを確認する。こういったマイクロマネジメントが増えつつあります。

マイクロマネジメントでは、確かに手戻りは減らせるかもしれませんが、部下の成長につながりません。細分化された作業をこなすだけになってしまうので。

マッキンゼーで活躍された赤羽雄二氏の「世界基準の上司」には、部下をうまくつかう最適なマネジメントはマイクロマネジメントではないと書かれていました。

代わりに赤羽氏が提唱しているのが、最初に資料(アウトプット)の全体像を示し、各ページのメッセージレベルで意識を部下と合わせる。その上で、中身の作業を部下に振るというアウトプットイメージ作成アプローチです。

決してマイクロマネジメントではない。上司が何を求めているかできるだけ明確なビジョンを示し、部下がそれに沿って検討を進めていくアプローチであって、箸の上げ下ろしまで指示するわけでは全くない。

赤羽雄二著「世界基準の上司」より

激務なファームを改善し、マネージャーを含め持続可能な働き方ができるかは、まさにいまが勝負どころです。今は働き方改革のKPIとして「働くな!」を導入したものの、働き方自体は変わっていないため、しわ寄せがマネージャーの過労かマイクロマネジメントという形で顕在化している状態です。

部下のマネジメントに自信のある方、上を変えてやるという気概を持った若手の方、いますぐコンサルファームに来てください。

最後に脱線ですが「世界基準の上司」は、部下となる人こそ読むべき本だと感じました。上を変えるには下から、そして数年後に上に立つときにやばい上司にならないために。

また、若手コンサルタントのよくある失敗や資料作成の仕事イメージが湧くかと思うので、コンサルって何をやっているの?という人にもおすすめの一冊です。

それでは。

世界基準の上司

世界基準の上司

  • 作者: 赤羽雄二
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/中経出版
  • 発売日: 2015/02/28
  • メディア: 単行本